安全活動

安全に対する意識を高める為に、毎月必ず安全大会(安全衛生委員会)を行い、全従業員に安全作業を徹底を指導し意識付けを行います。

平成29年安全衛生管理計画

平成29年は、下記管理計画に基づき安全衛生活動を推進します

月例安全大会

作業時の安全を徹底するために毎月大阪南港の本社にて安全大会(安全衛生委員会)を行っております。

平成29年1月度 安全衛生委員会

平成28年12月17日(土) 安全衛生委員会を行いました。

平成29年1月度の安全推進項目

  1. 安全帯は腰から上に掛ける
  2. 荷張りのチェック
  3. 空ワイヤーから目を離すな

上記3点に注意して作業を行います。

管理者講習

2016年6月18~19日に管理者向けの講習を行いました。

  • アチハ管理職マニュアル
  • アチハ教育マニュアル((現場))
  • リーダーの心得
  • アチハソロフィ

この資料を使って社長自らが前で熱弁されました。

一部抜粋

利益を出す、つまり「儲ける」という事は、心・技・体がそろってないとできない。
「心」とは人として信用される人格がないといけない。
「技」とは技術(現場のノウハウ)を知ってないと仕事は取れない。
「体」とは行動力。

つまり、儲けることができるというのは、人間として素晴らしく立派な事であり、
「心技体」が揃っているということである。

お昼休憩にバーベキューを行いました。
福利厚生の一環として人が多く集まった時は、このようにバーベキューをおこなっています。

早朝の朝礼

朝礼時に定期的に安全講習を行っております。

社長による他社事故事例の講習

他社の事故事例、また弊社の過去の事故から学ぶ、講習を行いました。

安全祈願祭

毎年の仕事始めの日に、住吉大社の宮司様をお迎えし、安全祈願祭を行っています。新年を迎え、労働災害防止、交通安全と従業員の健康を祈願すると共に、社内の安全、安心、快適な職場づくりを祈ります。

平成29年安全祈願祭

事務所内に祭壇を設けて行いました。

ヒヤリハット報告の情報共有

重大な事故には至らないものの、事故に直結してもおかしくない一歩手前の事例をヒヤリ・ハットと言います。重大事故の発生過程の多くに、このヒヤリ・ハットが潜んでいるとも言われています。弊社では日頃、社員各々に作業中に発生したヒヤリ・ハットの経験の報告を義務付け、その情報を共有することで、事故の発生を未然に防止する活動を行っています。